sd main logo
日本舞踊 若菜流 website
スタート (メニュー)

〈home〉若菜流について

若菜流四世家元 若菜伊三郎
若菜流四世家元 若菜伊三郎

若菜流

若菜流

宝暦元年、六世杵屋喜三郎の門人、

杵屋彌三郎(?〜1763年)が初代。

1745年立三味線に昇進し京鹿子娘道成寺、

執着獅子を作曲。

三世杵屋彌三郎の時代、(鳴物師)

若菜鐵五郎の子息を養子に迎え安政三年(1856年)二世若菜鐵五郎に襲名。

現在の若菜は後の六世杵屋彌三郎の次男(東 千代之介)が若菜の名を再興し三世若菜伊三郎となり(昭和47年)日本舞踊若菜流を創流した。

三世 若菜伊三郎(東千代之介)

大正15年六世杵屋彌三郎の次男として

東京に生まれる。

昭和13年花柳徳太郎師に入門。

昭和20年東京音楽学校(現・東京芸術大学)邦楽科に入学。

昭和21年藤間勘十郎師に入門。


四世 若菜 伊三郎(若菜孝史)

昭和42年三世若菜伊三郎の長男として

生まれる。

三世伊三郎に指導を受け、昭和60年三世伊三郎が舞台・映画・テレビの仕事もあることから藤間藤太郎師に預けられる。

平成15年四世家元を襲名。